公益社団法人 日本材料学会

強度設計・安全性評価部門委員会

Committee on Strength Design and Safety Assessment   

強度設計と安全性評価の専門家とつながる.当部門委員会への参加を募っています.

News

最新情報
強度設計・安全性評価部門委員会のウェブサイトを公開しました.
2023-8-7

強度設計・安全性評価部門委員会のウェブサイトを公開しました.よろしくお願いいたします.

最新情報
第 77 回 強度設計・安全性評価部門委員会開催のご案内
2024-2-14

開催日:2024年3月5日(火)13:30 ~16:45
会 場:龍谷大学大阪梅田キャンパス(大阪) ※ハイブリッド開催

1)各種残留応力評価技術の溶接部への適用事例について(60 分)

大阪大学 大学院工学研究科 岡野成威氏

2)高周波焼入れシミュレーションによる熱処理変形と残留応力の予測について(90 分)

高周波熱錬株式会社(ネツレン) 堀野孝氏 

※ 詳しい内容(申込方法)へのリンクはこちら

最新情報
第76回部門委員会のレポートを公開しました.
2024-2-14

1)熱処理シミュレーションの開発と検証(シリーズ第 3 回)(90 分)
「焼割れとその現象のシミュレーションによる解明の試みについて」 

(有)アリモテック 取締役 有本享三氏

2)コンタ法による部材の内部残留応力測定(30 分)

橋本鉄工株式会社 専務取締役 橋本匡史氏 

詳細は部門報告会のページを参照ください

Join Our Committee.

当部門委員会は,1983年に,研究者と技術者の機械・構造物の強度設計・安全性評価に対する取り組みにおけるギャップを埋めることを目的として設立されました.

関係者による長年の活動および各分野での技術革新の結果,その目的の一部は達成されてきています.しかし,強度設計・安全性評価に関しては別種の問題が残されています.

このユニークな部門委員会は,当初の趣旨に加えて新たに以下の4項目を柱としてた方針に基づき,活動を継続しています.

1機械,土木,建築,医療などの領域の規格・基準における強度評価法の調査・討議
2強度設計CAEにおける強度評価についての調査・討議
3強度・安全に係る不具合事例の紹介と討議
4強度・安全に係る特定の課題についての情報の集約

当部門委員会への参加を募っています.

公益社団法人 日本材料学会
  • 強度設計・安全性評価部門委員会
  • Committee on Strength Design and Safety Assessment 
連絡先

総括幹事 誉田 登 (Noboru Konda)
龍谷大学